オノマトペマーケティング

カリスママーケッターと音の専門家が手を組みました。


■オトデザイナーズが提案するあらたな商品(サービス)開発

皆さんはその時の感情や動作,感覚を相手に伝える時、擬音語で伝えることはありませんか?
ワクワク・イライラ・ザクザク・スースー・カチカチなど

人とのコミュニケーションに、音は重要な役割を担っています。
逆に、オノマトペ(擬音語,擬声語,擬態語,擬情語)をキーワードに、その時々のオノマトペを結び付けると、人の感情や動作、感覚の移り変わりを想像することができます。
人の感情や動作、感覚の移り変わりを想像することが出来れば、商品や、サービスを利用するときに、その人がどんなシチュエーションや気持ちで使用したかが見えてきます。

オトデザイナーズは、オノマトペ(擬音語,擬声語,擬態語,擬情語)をキーワードに、新商品開発・新サービス立案のお手伝いを致します。

オノマトペとマーケティング

感情や動作、その場の状態などを表現する際に用いられる擬音語,擬声語,擬態語,擬情語は、総称してオノマトペと呼ばれています。

オノマトペで今の状態や状況を説明してくださいと、言われたことはないと思いますが、実際の生活で人とコミュニケーションをとる際には多く利用されていませんか?
(例)
あの人は、ハキハキとした人です。
告白するのに、ドキドキした。
明日は遠足なので、ワクワクして眠れなかった。
ボールペンってカチカチうるさいね。
あのお菓子、サクサクして食感いいよ。
・・・など

意識してませんが実際にその場所やその状況など、いわばその空間を写像したかのように 伝えることができる。それがオノマトペではないでしょうか。
意識していない、つまり無意識に利用しているオノマトペを探索することにより 新たな何かを発見することができます。

オトデザイナーズでは、色などによる視覚アプローチから音などによる聴覚アプローチを使ったマーケティング手法をご提供致します。

また、パーカッションの生音でオノマトペを表現したオノマトペ音を準備しております。

オノマトペCD-ROMの詳しい情報はこちらのページから

■キーグラフ(Key-Graph)とは

探索の先に何かがある。
新たな発見をするのに有効な手法、それがキーグラフ(Key-Graph)解析です。
キーグラフ(Key-Graph)解析は、一般的なテキストマイニングツールでは困難であった、文章構成のキーワード抽出を行い文章の単語と単語の関係性をマップ上に可視化することができます。
上位のデータ(単語)だけではなく上位のデータと紐付けられているデータ(単語)、相対するデータ(単語)の共通なデータ(単語)をグラフから見つけることができ、新たな発見をすることができます。

キーグラフ

上位のキーワード(データ)は、既に知っていることが多くそれを追求していっても、消費者に対して新たなべネフィット(利益)を提供することは難しい。
しかし、相対する上位のキーワード(データ)の共通のキーワード(データ)などを見つけることができれば、それが新たな消費者に対するべネフィット(利益)の可能性がある。 可視化することにより、考え方の方向のずれに気付いたり、考えていないことが新たに見えてきます。

*解析の結果共通のキーワードが出てこない場合もあります。
*KeyGraphは、東京大学大学院工学研究科 システム創成学専攻 大澤幸生 教授が提唱する手法「キーグラフ」をツール化したものです。

音の専門家であるオトデザイナーズ代表取締役坂本真一は、キーグラフ解析を用いて商品企画をいち早く取り入れられた、元トンボ鉛筆、現日本工業大学専門職大学院教授の笠原耕三先生と協力の基、アンケート設計からアンケートの解析、解析結果をご説明致します。 その後、新商品企画や開発までのお手伝いも致します。

■オノマトペとキーグラフの実用例

オノマトペとキーグラフ解析を使用した実用例です。
グラフをクリックするとPDFで表示することができます。

現使用品の味、繰り返しオノマトペ表現と属性
合成KeyGraph/現状と*理想/遷移と関係

キーグラフ解析その他の実用例

キーグラフ解析を用いた実用例です。クリックするとPDFファイルで表示されます。
・音の生活マップ-嫌いな音(PDF)
・バラの写真8種類の香りイメージ(PDF)
・香料について(PDF)


オトデザイナーズが提案するマーケティングコース


■商品価値再構築コース

現在ある商品(カテゴリ)などの価値を整理し、商品の改善や後継品を探索するのに適しております。

作業フロー:価値構成→報告

■コンセプトシナリオ製作コース

特定の商品(カテゴリ)を調査し、商品コンセプトを整理します。商品コンセプトを明確にて行くことにより新商品開発をする際のテーマ探索をすることに適しております。

作業フロー:調査設計→実施→集計→類義語辞書作成→解析→報告

■スーパーアドバイスコース

商品価値再構築+コンセプトシナリオ製作を合わせたコースです。
特定の商品(カテゴリ)の価値を整理し、再度整理した内容を基に調査を行い、次世代の商品(カテゴリ)のコンセプトを明確にするのに適しております。
*コーポレートイメージ、5年後10年後の街づくり、社内初プロジェクトなど

作業フロー:価値構成→調査設計→実施→集計→類義語辞書作成→解析→報告


作業フロー(概要)

オリエンテーション

キーグラフ解析・商品価値構成表など詳しくご説明致します。
その後、お客様と何が課題になっているのかを共有させていただき、どの方法がよいのかご提案致します。

・オリエンテーション内容(計2時間30分)
・キーグラフ解析について(45分)
・商品価値構成表について(45分)
・打合せ(質疑応答含む)(60分)

商品価値構成表とは

ある商品・(特定の商品だけではなく、カテゴリー全体)において、利用者に対して提供しているまたは、期待されているあらゆる価値を階層的に整理分類したものです。

・商品開発のテーマ探索
・開発製品の要求品質検討
・ターゲットのセグメンテーション
・市場調査の設計、分析

などに幅広く利用できます。KeyGraph解析を行う前のアンケート設計などにも役立てることができます。

■整理の方法

1.不満や問題、期待や要求など、その商品に求められている生の声を、ベネフィット(利用者の価値)表現に置き換えて情報を整理していきます。
*べネフィット表現とは生の声を、「・・・価値」「・・・性」「・・・力」 などに置き換えます。

2.その表現が何を求めているのかを整理し、幾つかの分類にわけていきます。

3.1次価値としては、使用価値や社会価値、成果価値などとして、その商品の価値にどのようなものがあるのか深堀していき、幾つかの分類にわけていきます。

4.階層数は、4次、5次階層程度が使用しやすく、1次価値から下に掘り下げていくべネフィット表現した生の声(4次、5次価値)から掘り上げていく、ことを交互におこなうことにより商品価値構成表を作りあげていきます。

■実用例
日帰りバスツアーについて

■その他、商品価値構成表
・扇風機(PDF)

設計・実施・集計

■設問設計

オリエンテーション終了後、キーグラフ解析に必要な、オノマトペを使用してフリーアンサー(FA)の設問を設計致します。

■アンケートの実施・集計

アンケートの実施・集計はお客様で行っていただきます。 データ集計はエクセルで行っていただきます。 集計時の注意点は別途ご案内致します。
また、お客様で実施・集計をしなくても外部の調査会社へ委託することも可能です。
消費者ニーズを広く集めたい場合などには、外部の調査会社(ネット調査会社)を使用されることも一つの方法です

例)専門店のイメージ調査/アンケート集計

類義語辞書

解析を行う前にアンケート結果から、同じ意味を持つ言語を探し類義語辞書を作成します。
類義語を見つけることにより、その言語がアンケートで出現される頻度を正確に把握することができます。
業界の専門的な用語や属人性などによる表現がありますので、類義語辞書の作成はお客様と共同で作業を行います。

例)Polarisの類義語ファイル

例)頻度表

キーグラフ解析・報告

アンケート結果、類義語辞書、頻度表を基に弊社にてキーグラフにて解析を行います。
キーグラフ解析の結果が出た後、キーグラフの解説(報告会)をさせていただきます。
*商品価値再構築コースの場合は、価値構成表が出来上がった時点で解説(報告会)をさせていただきます。

例)専門店のイメージ/キーグラフ解析

新商品開発以外にも、オノマトペとキーグラフを利用することにより、コンセプト開発やブランドマーケティングなどに役立てることができます。

コンセプトバンク

テーマは決まっているが、実際に何から手をつけていいか、そんな漠然としたことで困ったことはありまんか?
そんな時、思いつきで商品を企画したことはありませんか?

結果
市場でまったく受け入れられなかった。
ビックリ! 思いのほか売れてしまった。

アンケート調査など、お客様の声を集めて企画している会社でも

結果
企画に時間がかかりすぎてしまい、市場に出すのが遅れてしまった。
お客さんが言ったものを作ったのに商品が思ったより売れなかった。

こんな経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか?
製品のライフサイクルが、一昔前よりも短くなってきていると感じる現在、必要なタイミングで必要な企画をすることが重要です。
そんなときには、一から企画を練るのではなく、情報をしっかりと一旦整理することにより、その商品のコンセプトを作っておくと便利です。

ブランドマーケティング

企業にとってブランド戦略はとても重要なことです。
ブランドを確立させるためには、継続的な努力が必要です。

こんなことは、ありませんか?
思いつきで企画した商品が売れてしまい、その時は良かったと思っていたが、
会社のイメージや従来の製品との整合性が取れずに次の新商品を開発するのに困ってしまった・・・

本来ブランドとは、
▲○△といったら、△○□株式会社だと消費者が真っ先に思っていただくことではないでしょうか?
または、この商品の、この機能は、△○□株式会社というように。

思いつきなどで商品やサービスを企画してしまうと、実は企業のブランド価値を確立できないだけではなく、確立されてきた努力も無駄になってしまいます。



■笠原 耕三 先生

■現職(2012年2月現在)
日本工業大学大学院MOT客員教授
(有)福田アドバンス経営
一般社団法人マーケティング共創協会専務理事

■ 専門分野
商品企画・調査コンサルタント、マーケティングプロコーチ、
人間と人工物研究者

■経歴
昭和45年 東京大学工学部卒業
昭和50年 東京大学工学系大学院修了(設計論専攻)
昭和51年 ㈱トンボ鉛筆入社
平成17年 同社退社。戦略・企画・調査の特別顧問として5年間指導

■株式会社トンボ鉛筆時代に携わった主な商品
「ZOOM薄型シャープ」、「卵形水性ボールペン」、「IROJITEN」、「消えいろピット」、エコ鉛筆「木物語」、「MONO」修正テープ、「テープのり」等などの商品企画者として企画開発にかかわる。

■サイエンスZERO(NHK)出演
2008年5月31日に放送されました『データから宝をさがせ チャンス発見学最前線』に、出演しキーグラフを用いた商品開発「新製品開発のチャンス発見」について説明致しました。

サイエンスZERO番組ホームページ2008年5月31日放送内容ページ
クリックすると番組ホームページへ

■その他のマーケティング方法
商品価値構成表。ある商品・(特定の商品だけではなく、カテゴリー全体)において、利用者に対して提供しているまたは、期待されているあらゆる価値を階層的に整理分類する手法を手掛けております。

笠原耕三先生の詳しい経歴はこちらのページまで